令和3年度 社会福祉法人奥出雲町社会福祉協議会 事業計画書

  現役世代の減少、国による社会保障・働き方改革、また、新型コロナウイルス感染症の影響など、私たちの生活は目まぐるしく変化している。このような状況で、本会の経営においては時代の変化に合わせた新たな戦略が必要となる。
  複合化・多様化した地域生活課題への対応に向け、地域住民やボランティア、民生児童委員、企業、更には福祉以外の分野も含む幅広い関係者が、目指す地域の姿を共有し、それぞれの力を発揮することで地域福祉が推進されるよう、本会はこれまでの実績と特性を活かし、 「連携・協働の場」の創出と活性化に取り組むものとする。

【使命】
  本会は、地域福祉を推進する中核的な団体として、地域住民及び福祉関係者の協働により、地域生活課題の解決に取り組み、誰もが支えあいながら安心して暮らすことができる「ともに生きる豊かな地域社会」づくりを推進することを使命とする。

【経営理念】
  本会は、使命を達成するために、以下の理念に基づき事業を展開する。
  1 地域住民を主体とした「ともに生きる豊かな地域社会」の実現
  2 誰もが人格と個性が尊重され、その人らしい生活を送ることができる福祉サービスの実現
  3 地域住民及び福祉関係者の協働による包括的な支援体制の構築
  4 地域生活課題に基づく先駆的・開拓的なサービスの創出
  5 持続可能で責任ある自律した組織経営

【基本方針】
  本会は、「地域住民」「社会福祉を目的とする事業を経営する者」「社会福祉に関する活動を行う者」が参加する公益性の高い非営利・民間の福祉団体として、上記経営理念に基づく以下の基本方針により経営を行う。
  1 地域に開かれた組織として、経営の透明性と中立性、公正さの確保を図るとともに、情報公開や説明責任を果たし、地域社会の支持と信頼を得られるよう、積極的な情報発信を図る。
  2 事業の展開にあたって、「連携・協働の場」としての役割を十分に発揮し、地域住民や関係機関等、あらゆる関係者の参加と協働を徹底する。
  3 事業の効果測定や、コスト把握等の事業評価を適切に行い、効果的で効率的な自律した経営を行う。
  4 すべての役職員は、高潔な倫理を保持し、法令を遵守する。

【事業展開の基本的な考え方】   本会は、「連携・協働の場」として地域住民の複合化・多様化した地域生活課題や潜在的ニーズを受け止め、地域を基盤として解決につなげる支援やその仕組みを多方面の関係者と協働してつくることを目的に、具体的な事業展開を図る。

【組織の構成】
  本会は、次のとおり組織を構成し、各係に相応しい財源、人材、施設設備等を確保する。
 1 善意銀行運営事業

 町民の皆様からいただく浄財を適切に管理運用し、地域福祉の増進に資する。
 1. 積立金管理運用検討委員会の開催
  (1) 仮称健康福祉会館建設積立基金並びにアコ基金の管理運用
 2. 寄付金や寄付物品の管理と有効活用
  (1) 社会福祉事業並びに公益事業への充当
  (2) 寄付物品の有効活用
 3. アコさん50周年記念イベントの実施

 2 法人運営事業

 適切な法人運営や事業経営を行うとともに、総合的な企画や各事業の調整等を行う法人全体のマネジメント業務にあたる。
 1. 理事会、評議委員会、監査会、評議員専任解任委員会、内部経理監査会等の運営
 2. 財務運営と管理
 3. 自主財源確保に向けた体制づくり
 4. リスク管理やコンプライアンスに関する管理体制の整備
 5. 計画的な採用・異動・人事考課等の人事管理
 6. 研修・能力開発等の計画的な人材育成
 7. 労働法政に基づいた労務管理
 8. 所轄庁への届出や対外的な法的対応を行う法務に関する業務
 9. 「社協発展・強化計画」の策定等の将来ビジョンの検討と進行管理
 10. 広報活動・広報戦略等
 11. 災害対応マニュアルの策定に向けた協議

 3 ボランティアセンター事業

 住民ボランティアに関する理解と関心を深めるとともに、ボランティアの育成を図ることにより、助け合いの輪を広げる。
 1. ボランティア活動に関する調査、研究
  (1) 施設等のボランティア受入に関するアンケートの実施と情報提供
 2. ボランティア活動の普及・啓発
  (1) ボランティア活動保険の加入手続き
  (2) 福祉情報誌『ふくしの窓』の発行
  (3) ボランティア団体の交流研修会『ボランティアの集い』の開催
 3. ボランティア活動支援事業実施要綱によるボランティアの養成と派遣ならびに活動支援
  (1) 傾聴ボランティアの活動支援
  (2) サロンサポーターの活動支援
  (3) ひきこもりサポーターの活動支援
 4. 福祉ボランティア教育や総合学習の支援
  (1) 小中学校における福祉学習や総合学習の支援
  (2) 中学生ボランティアリーダー養成研修会の開催

 4 おくいずも流地域力活性化事業

 住民ひとりひとりが安心して生活できる地域をつくるため、‘向こう三軒両隣精神’を土台とする地域社会のしくみを再建し、住民が主体的に自らの力を集結した地域力を醸成することを支援する。

 1. 福祉振興協議会、地区振興会の活動支援
 2. 福祉委員活動の活性化
 3. 地域住民同士の繋がりの強化
  (1) 新規小地域サロン(集いの場)の立ち上げ支援
  (2) 健康ペタンク大会やユニバーサルスポーツを通した住民同士の交流促進
 4. 老人クラブや精神障がい者家族会などの活動支援
 5. 障がいに関する理解促進と障がい者支援
  (1) あいサポート研修会への講師派遣
 6. 自死予防対策の推進
  (ア) ゲートキーパー養成研修会の開催
 7. 小地域給食サービスボランティア『あじさいクラブ』の活動支援と同サービスの普及啓発
 8. 『新たな支えあいファンド事業(県社協主催)』の推進

 5 生活支援体制整備事業 (町受託事業)

 高齢者が住みなれた地域で安心して暮らすことができるよう、生活課題を発見し地域の繋がりを構築する。

 1. 地域の高齢者支援のニーズと資源の見える化及び問題提起
 2. 地縁組織等多様な主体への協力依頼等の働きかけ 
 3. 関係者のネットワーク化
 4. 生活支援サービスの担い手の養成及びサービスの開発
  (ア) サロンサポーターの養成

 6 共助の基盤づくり事業 (町受託事業)

 地域における生活困窮者支援等のための共助の基盤づくりを構築する。

 1. 実態把握と生活課題の検討の実施
 2. 地域の福祉ニーズを踏まえた地域サービスの創出、推進を図るための関係機関との連携
 3. 地域における活動拠点の確保
 4. 抜け漏れのない支援の実施

 7 ひきこもりサポート事業 (町受託事業)

 ひきこもり支援の基盤を構築し、ひきこもりの状態にある本人や家族等の状況を踏まえた早期支援、自立支援を図る。

 1. ひきこもり相談の窓口、支援機関の情報発信
  (ア) ひきこもり相談『みらい』の開催(月1回)
 2. 関係機関とのネットワーク、ひきこもり支援拠点づくり
  (ア) フリースペース『えん』の開設
 3. ひきこもりサポーターの養成と派遣

 8 介護予防普及啓発事業 (町受託事業)

 地域の高齢者に対して介護予防に関する知識を提供することにより、健康寿命を延ばし、ピンピンコロリを目指す。
 1. 地区ごとでの専門家による『フレイル予防塾』の開催(月1回/地区)
  (1) 保健師による「高齢者の健康について」の学習
  (2) 歯科衛生士による「口腔ケアについて」の学習
  (3) 認知症専門職員による「認知症サポーターについて」の学習   など
 2. 『男の生涯現役道場』の定期的な開催(月1回)
  (ア) 「男の筋力測定会」の実施
  (イ) 「男の軽スポーツ」の実施
  (ウ) 「男のグラウンド・ゴルフ」の実施 
                                 など

 9 食の自立支援サービス事業 (町受託事業)

 一人暮らし、高齢者のみの世帯の高齢者(65歳以上)の、健康で自立した「食」生活を支援する。

 1. 調理業社や配色ボランティアとの連絡調整☆☆☆
 2. ボランティアによる弁当の配達と利用者の見守り

 10  障がい者等配食サービス事業 (町受託事業)

 心身の障がいにより調理が困難な障がい者(18歳以上65歳未満)の、いきいきとした在宅生活を食の面から支援する。
 1. 調理業者や配食ボランティアとの連絡調整
 2. ボランティアによる弁当の配達と利用者の見守り

 11 高齢者安心安全生活サポート事業『コールセンター』 (町受託事業)

 支援ネットワークを通じた見守り体制を強化することにより、高齢者の安心安全な生活を支援する。
 1. コールセンターのオペレーターによるテレビ電話を活用した見守りの実施
 2. 民生委員や地域包括支援センターなど関係機関との連携した支援の実施

 12 介護予防拠点施設管理事業 (町受託事業)

 高齢者が介護を要する状態にならないよう予防し、生きがいを持って毎日を送ることができるよう支援するための施設を管理する。
 1. 介護予防を目的とした活動を実施する団体への施設貸出
 2. 近隣自治会などの会合、趣味活動等を目的とした活動を実施する団体への施設貸出
 3. エレベータ、消防設備の保守など施設設備の管理

 13 家計改善支援事業 (町受託事業)

 家計に問題を抱える者に対し、家計の視点からの情報提供や家計の見える化等の専門的な助言や指導等を実施し、家計管理能力を向上させ、生活困窮者の自立の促進を図る。
 1. 家計管理に関する支援
  (1) 家計の見える化、家計収支の均衡を図るための支援
  (2) 支援対象者自らが管理できるよう支援
 2. 滞納の解消や各種給付制度等の利用支援
  (1) 家計や滞納状況の見える化、分割納付等の検討、関係機関との調整支援
 3. 債務整理に関する支援
  (1) 多重債務等により債務整理が必要な対象者に対する消費者センターの紹介、法テラスの活用、法律事務所等への同行など
 4. 貸付のあっせんの支援
  (1) 貸付制度のあっせんと償還指導

 14 企業と社協の連携事業『つなぐ』

 既存制度では対応が困難なひきこもり等の人に対し、人や地域とのつながりを適切に確保する支援を行うとともに、地元企業や地域全体で支える基盤を作る。
 1. 対象者本人やその家族に対する相談支援と見守り
 2. 就労体験の実施
 3. 地元企業等との連携強化と新規開拓
  (1) 株式会社サンエイトとの連携
  (2) 株式会社丸共との連携
  (3) 農事組合法人中国牧場との連携

 15 福祉サービス利用援助事業『まもるくん』 (県社協受託事業)

 認知症や障がいにより判断能力が不十分な方が安心して暮らせるよう支援する。
 1. 専門員による支援計画の作成
 2. 生活支援員による福祉サービスの利用援助や金銭管理
 3. 通帳、年金証書などの大切な書類の預かりサービス
 4. その他福祉サービス利用に係る援助等

 16 法人後見事業

 認知症高齢者、知的障がい者、精神障がい者など、意思決定が困難な方を法律的に保護し支援する。
 1. 利用者の権利擁護
 2. 法人後見運営委員会の開催
 3. 成年後見制度に基づいた法人後見の実施
  (1) 財産管理の適切な支援
  (2) 身上看護事業所との連携による支援
  (3) 契約締結、または不利益な契約の取消

 17 困りごと支援事業

 様々な困りごとを抱え援助を必要とする方のお手伝いをすることにより、その方が住み慣れた地域で安心して暮らせるよう支援する。
 1. 福祉用具(車いす、ベッド等)のリサイクルと無料貸出の実施
 2. 除雪機の無料貸出の実施
 3. 出張なんでも相談所の開設
  (1) 各地区公民館などへの出張相談の実施(月1回)
  (2) 人権擁護委員、民生児童委員、行政書士などとの協働
  (3) 行政、法テラス等関係機関との連携

 18 資金貸付事業

 生活に困窮する世帯の自立と更生を支援する。
 1. 民生融金の貸付
  (1) 低所得世帯等に対する生活の維持に必要な一時的資金の貸付(上限50,000円)
  (2) 低所得世帯等に対する緊急現金の貸付(上限10,000円)
  (3) 民生委員との協働による借受世帯の生活安定に向けた相談援助
  (4) 福祉事務所との連携

 19 生活福祉資金貸付事業 (県社協受託事業)

 低所得世帯等に対する各種資金の貸付を行い、世帯の自立を支援する。
 1. 相談窓口、申請窓口の開設
 2. 民生児童委員との協働による借受世帯に対する相談援助
 3. 島根県社会福祉協議会が実施する現地督励会への協力

 20 屋内ゲートボール場管理運営事業

 生涯スポーツの振興により、地域福祉の増進を図る。☆☆☆
 1. 生涯スポーツの普及啓発と世代間交流の推進
 2. 施設の管理運営
  (1) 競技場及びクラブハウスの管理と施設周辺の整備
  (2) 施設利用に関する予約受付、照明用コインの管理(奥出雲多根自然博物館委託)

 21 グラウンド・ゴルフ場管理運営事業 (株式会社サンエイト受託事業)

 生涯スポーツの振興により、地域福祉の増進を図る。
 1. 生涯スポーツの普及啓発と世代間交流の推進
 2. 施設の管理運営
  (1) コースの管理と周辺の整備
  (2) 施設利用に関する予約受付
  (3) 玉峰山荘との協働によるパック利用の推進
 3. 玉峰山荘との協働によるパック利用の推進
  (1) コース芝の管理
  (2) コース周辺の樹木の剪定

 22 奥出雲町老人クラブ連合会

 高齢期を楽しく生きがいをもって安心して暮らしていくために、健康で自立し、身近な仲間と支え合いながら、住みよい地域づくりを進めていく。
 1. 活動促進事業
  (ア) 町老連理事会、総会等の開催
  (イ) 町老連広報誌『ひのかみ』の発行
  (ウ) 活動活性化事業(県老連補助事業)の実施
  (エ) 集いの場づくりの推進(サロン活動等)
 2. 健康づくり介護予防事業
  (ア) ふれあい運動会の開催
  (イ) ペタンク大会、ゲートボール大会、グラウンド・ゴルフ大会の開催
  (ウ) 軽スポーツ用具の貸し出し
 3. 地域支え合い事業
  (ア) 花づくり緑化活動の実施
  (イ) 高齢者世帯や独居世帯への声掛け訪問の実施
  (ウ) 子育て支援、世帯間交流の実施
  (エ) 地域文化伝承活動の実施
  (オ) 地域清掃・奉仕活動の実施
 4. 若手高齢者組織化・活動支援事業
  (ア) ふれあい運動会スタッフ等、若手委員の活躍の推進
  (イ) 全老連・県老連主催の研修会への参加
  (ウ) 中四国ブロックリーダー研修会への参加

 23 社会福祉法人島根県共同募金会 奥出雲町共同募金委員会

 奥出雲町社会福祉協議会等の関係機関と連携を図りながら「自分のまちをよくするしくみ」を構築し、住民主体の地域福祉活動の推進を図る。
 1. 法人運営事業
  (ア) 運営委員会、審査委員会の開催
 2. 募金活動
  (ア) 戸別募金(1世帯あたり1,000円の目安額で依頼)
  (イ) 街頭募金(中学生やボランティア等と協力し横田蔵市等の店舗前で実施)
  (ウ) 法人募金(募金ボランティアの民生委員による企業等への訪問)
  (エ) 学校募金(福祉教育の一環として町内小中学校に依頼)
  (オ) 職域募金(委員会職員による役場両庁舎職員への訪問)
  (カ) イベント募金(各種団体が実施するイベント等における募金箱の設置等)
  (キ) その他の募金(協力店舗等への募金箱の設置、寄付付き赤い羽根自販機の設置)

 24 奥出雲町公益事業推進委員会

 町内の社会福祉法人等の連携・協働により、これまで各法人等において培ってきた資源や手法を活かし、地域における公益的な取り組みとして、既存の制度では対応できないニーズについて率先して対応し、支援が必要な地域の方々に対し無料または低額な料金で福祉サービスを提供する。
 1. 総会の開催
  <会員> 奥出雲町社会福祉協議会、仁多福祉会、よこた福祉会、永生クリニック、ともに、クオリティライフ、ブルーム、未来プロジェクト
 2. オレンジカフェの実施
  (ア) 認知症に関する知識提供の場として月1回オレンジカフェを実施